転職サイト

ホワイト企業・転職相談おすすめ

 

 

 

 

 

今働いている会社を辞めたいと思っていませんか

 

 

 

 

 

 

 

もし転職するならブラック企業は避け、ホワイト企業に就職したいというのは誰もが思っていますよね。

 

 

 

 

 

 

ブラック企業ばかりが目立ち・・・本当にホワイト企業などあるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

と疑問を持ってしまうぐらいです。ホワイト企業は実際にありますが・・・・・・

 

 

 

 

 

 

ホワイト企業といえる会社は求人も少なく世間一般にはでない場合も多く

 

 

 

 

 

 

非公開求人として扱われる場合が多いようです。

 

 

 

 

 

 

 

転職する際は転職サイトや転職エージェントをうまく活用してホワイト企業に転職しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リクナビネクスト

 

 

 

 

 

 

 

リクルートグループが運営する『 国内No,1 』の転職サイト

 

 

 

 

転職求人案件が豊富でまずはどんな求人があるのか調査するのにおすすめ

 

 

 

余裕があれば職務経歴などを登録しておくと企業からオファーがくる場合あり

 

 

 

スカウト機能を利用してご自身の市場価値を調べるのにも使えます。

 

 

 

オファー内容に年俸などが記載されており、今の年収と比較して高ければ

 

 

 

転職するのも一つの手段ではないでしょうか。

 

 

 

またご自身の強みを発見するためのグッドポイント診断など転職活動に使える

 

 

 

お役立ちツールが無料で使えます。

 

 

 

 

うまく利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

リクナビネクスト 詳細はこちら

 

 

 

 

 

https://next.rikunabi.com/

 

 

 

 

 

 

 

リクルートエージェント

 

 

 

 

 

 

 

転職実績No.1の人材紹介会社・転職の相談ができます

 

 

 

 

初めての転職・転職に失敗した気がするなど不安な方へおすすめ

 

 

 

 

また今の会社に残るべきか・転職すべきか悩んでいる場合

 

 

 

 

カウンセリングを受けることをおすすめします。

 

 

 

 

キャリアアドバイザーが客観的なアドバイスをしてくれます。

 

 

 

 

非公開求人も豊富で一般的な転職サイトでは見ることができない案件の紹介

 

 

 

 

 

面接・職務経歴書対策など様々なサポートが充実

 

 

 

 

 

 

 

リクルートエージェント 詳細はこちら

 

 

 

 

https://www.r-agent.com/

 

 

 

 

 

 

 

パソナキャリア

 

 

 

 

パソナグループの人材紹介サービス。「正しい転職」を実現するために

 

 

 

 

 

各業界・職種毎に専門特化したキャリアアドバイザーが、様々な角度からキャリアコンサルティング

 

 

 

 

 

求職者の方の強みや希望を考慮し、業界・業種を問わず、約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人の中からキャリアプランを実現するための求人を提案

 

 

 

 

 

履歴書・職務経歴書などの書類の書き方、企業毎の面接のアドバイスなどサポート体制も充実。

 

 

 

 

 

 

 

パソナキャリア 詳細はこちら

 

 

 

 

http://www.pasonacareer.jp/

 

 

 

 

 

 

 

DODA

 

 

 

 

 

 

 

業界・職種に精通した専任のキャリアアドバイザーが求職者のキャリア・

 

 

 

 

お持ちのスキルを総合的に判断

 

 

 

 

現在の転職市場において強みとなる部分、弱点となる部分を整理

 

 

 

 

「できること」と「やりたいこと」が合致する理想のキャリアを目指し

 

 

 

 

現実の企業と求人とを照らし合わせながら選択肢を探るので

 

 

 

 

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うこともあります。

 

 

 

 

書類選考で損をしないように・・

 

 

 

 

 

人事担当者をひきつける履歴書・職務経歴書を書くためのアドバイス

 

 

 

 

面接に不安を感じる方のために

 

 

 

 

 

模擬面接・終了後のフィードバックもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

DODA 詳細はこちら

 

 

 

 

https://doda.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【就活のための基礎】面接の際には必ずといっていいほど転職の理由を詳しく聞かれます。「どのように考えて辞めたのか?」ということはどんな企業の担当者も一番興味のある問題です。そのため転職した理由を非常にしっかり整理しておくことが不可欠です。
【就職活動のポイント】転職活動と就職活動で完全に違うのは「職務経歴書(過去に経験した職務・職業上のポジションや仕事の具体的内容を記入した書類)」が必要かどうか。現在までの職場でのポジションや職務内容などを読むだけで理解しやすく、ポイントを押さえて完成させる必要があります。

 

 

 

 

多くの場合就職試験の最新の出題傾向を本などで事前にリサーチして、応募先に合わせた対策をしっかりとたてておくことが最優先です。それでは各就職試験の概要や試験対策について詳しく説明しています。
希望の職種や理想の自分を志向した転職の場合もありますが、働いている会社のせいや身の上などの外から来る理由により、転職する必要が生じることもあるかと思います。
まさに今の会社を辞めて再就職することを計画したときには、「今の仕事よりも、ずっと賃金や待遇の良い勤務先があるに違いない」こんな具合に、必ず誰でも思ったこともあって当たり前だ。
【就職したら】上司は優秀ならばラッキー。しかし能力が低い上司ということなら、どのようにしてあなたの才能を存分に発揮するのか、あなたの側が上司をうまくマネジメントすることが重要です。
その企業が本当にいつかは正社員に登用する制度がある企業なのかそうでないのかしっかりと見定めたうえで、登用の可能性があるようならとりあえずアルバイトやパートもしくは派遣などからでも働きつつ、正社員になることを目指すのだ。
ここのところ就業のための活動や転職のための活動をしているような、20代、30代の年齢層の親からしたら、確実な公務員や一流企業に入社することこそが、最も良い結果だといえるのです。
【就活のための基礎】第一志望だった応募先からの連絡でないからということで内々定についての企業への意思確認で悩む必要はありません。就職活動がすべて終わってから、見事内々定の出た応募先から選択すればよい。

 

 

 

 

 

 

 

【就職活動の知識】大事な忘れてはいけないこと。再就職先を見つけたとき絶対あなたの欲望に忠実に選ぶことである。絶対に何があっても「自分のほうを就職先に合わせなければ」なとということを考えてはいけないということです。
免許や資格だけではなくて実務経験が十分にある。それなら、人材紹介会社でも利用してもよいと考えられる。なぜなら新卒者ではなく、人材紹介会社などを使ってまで人材を募集する企業は、やはり即戦力を求めているのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普通に言われる会社説明会とは、会社側が取り行う就業に関連した説明会のことで、別名セミナーとも言われます。希望する学生や求人広告に応募してきた人を集めて、その会社の会社概要や募集の主意などを説明するものが標準的なものです。
【用語】第二新卒というのは、「新卒で就職したものの短期間(3年以内)に退職した若年の求職者(一般的には25歳程度まで)」のことを指す名称。最近は特に早期に退職してしまう者が増加傾向にあることから、このような言葉が生まれたのでしょう。
仕事で何かを話す間、曖昧模糊とした感じで「一体どういうことを思ったのか」ということのみではなく、他に具体例をはさんで説明するようにしてみたらいいと思います。
この先ずっと拡大が続きそうな業界に職を得る為にはその業界が疑うことなく成長している業界なのかどうか、急激な発展に適合した経営が成立するのかどうかを確かめることが肝心な点でしょう。